ジャムウ石鹸が危険な噂の真相は?正しい知識を知れば解決の理由がここにある!

ジャムウ石鹸って、そもそもデリケートゾーン専用の為の石鹸のはず!

私も、ジャムウ石鹸を愛用する女性の一人なのですが、とても残念な事に、なぜか【ジャムウ石鹸】と検索すると、「ジャムウ石鹸が危険だ!」とか、「ジャムウ石鹸は危ない!」といったキーワードがヒットします。

そもそも、ジャムウ石鹸というものは、デリケートゾーンの臭いの改善や黒ずみ予防といったお悩みを解消してくれる石鹸であるはずのものなのに、間違った使い方や、誤解等からジャムウ石鹸の正しい使い方と知識について声を大にしてジャムウ危険をきちんと解説し訂正したいと思いますのでご参考にして下さると幸いですのでお付き合い下さいませ。

 

\私もジャムウの事を正しく知ったからこそ無いと不安になるんです!!/

ワタシ臭ってる?そう感じたら、今すぐジャムウ!


ジャムウ石鹸の正しい使い方と知識

そもそも、なぜデリケートゾーン専用にジャムウ石鹸を使うのか

ジャムウ石鹸が、デリケートゾーン専用とされるという事はご存知の方も多いのですが、危険であると言われるととても心配になってしまいますよね。ましてやジャムウ石鹸に関してこれから購入を考えている方にとっては、既に『沢山の種類のジャムウ石鹸ある!』『メーカーや販売している各、ジャムウ石鹸にはそれぞれの特徴や思いがある!』『その中でも、安全な物もあれば添加物が入っている物もある』となると、多くの方は、安全なジャムウ石鹸を選びたいという気持ちになるはずです。

私自身としては、ジャムウ石鹸ってイイナ~」と実感している事もさることながら、ジャムウ石鹸の正しい根拠もある中で、『ジャムウ石鹸危険!』という文字を目にすると、とても残念に思います。

ジャムウ石鹸を愛用しながらこうして良さを発信している私にとって、ジャムウ石鹸の良さを身を持って実感しているだけになぜ危険なのか!『ジャムウ石鹸=危険』について正しい使い方と知識をお話したいと思います。

ジャムウ石鹸を選ぶこと=【ジャムウ石鹸はデリケートゾーンのためにつかう三カ条】

  1. デリケートゾーンの扱い方を正しく学ぶこと
  2. デリケートゾーンは、細菌や雑菌から守るために保護された環境であることを知る
  3. デリケートゾーンの皮膚の薄さは実は、まぶたより薄いのはご存知ですか?それだけデリケートだということ
ジャムウ石鹸を正しく選ぶ大切さに繋がるという事ですね!

 

ジャムウ石鹸が危険といわれる理由

ジャムウ石鹸が危険という文字を目にすると、それだけで敬遠してしまいますよね!

そもそもジャムウ石鹸ってはじめて聞いた方には、こう思うかもしれません!

「ジャムウ」って何?そもそも、聞いたことの無い名前だし、そんな得体の知れない石鹸は、使わない方がいい!
しかも、危険だなんて怖い!

終了~

ちょっと、待って下さい!危険というのは違うんです・・・

 

 

えっ!だって危険なんでしょ!

確かに、ネットでは危険という言葉も目にするのも事実ですが、実は間違った情報や使い方、質の悪い商品を使って肌トラブルに合ってしまったという事から、あたかも「ジャムウ石鹸が危険である」というクチコミが広まったという事も大きな要因のひとつです。

じゃぁ、どれが危険でどれが危険じゃないの?

  • 質の悪いジャムウ石鹸はおすすめしない
  • 原材料を気にせずに使用する。例えば香料や化学成分等が配合されている(商品によって合う人・合わない人がいる)
  • 膣周りをゴシゴシ洗う等

 


私の個人的な感想なのですが、以前、質の悪いジャムウ石鹸を使ったことがあり、ヒリヒリした事があって一概にジャムウ石鹸だから大丈夫という事では無いという事を知った。
成分は良くても、一時期別なジャムウを使ってみたら、臭いや汚れが落ちにくかった。 

他にも注意点として、以下に該当する場合は、使用を避けたりジャムウ選びやジャムウの使い方を正しく知るという上でとても大切な事だと思います。

妊娠中の方や授乳中の方 ジャムウ石鹸には沢山の種類がある為、メーカーによっては、ジャムウの配合で妊婦さんには不向きの物がある事からご利用を控えたほうがベストでしたり、また授乳中の方の場合は、乳頭の黒ずみを気にして、ジャムウで洗うと、赤ちゃんが直接、授乳するので洗い流しているとはいえ、こちらも卒乳後に利用するのがベストという事が理由です。
ジャムウ石鹸の成分に刺激が強い成分が含まれている お肌がデリケートな方には特に、海外のジャムウ石鹸や、化学成分が含まれるジャムウ製品は、トラブルがおきやすいので、デリケートゾーンを洗うという事で商品選びには、気をつける事が大切です。
スティック状のジャムウ石鹸の間違った使用方法 間違えた使い方として、スティック状のジャムウ石鹸を直接膣内に入れて洗ってしまったという事です。そもそもデリケートゾーンは粘膜が弱酸性で保たれており、それが外部からの細菌や雑菌から保護しバリアの役割を担っているのです。間違った使用方法で、そのバリアの保護機能を壊してしまうのは、あとあと細菌が感染したり何かしらのトラブルを起こしてしまう原因になるのでご使用方法は十分に気をつけなければなりません。

 

安全なジャムウ石鹸とは

ジャムウ石鹸は、デリケートゾーン専用としてわざわざ商品化されたものですが、ジャムウ石鹸の由来は、インドネシアで古来から伝わる民間伝承薬でハーブを原料とた天然材料を調合した母から娘へと代々受け継がれて来た伝統的な知恵の結晶が起源とされ、そのジャムウの理念を安全に日本人女性の為に考案されたレシピをもとに安全に商品化された老舗ジャムウ石鹸の代表格が、LCジャムウ・ハーバルソープで、日本のデリケートゾーン専用石鹸を安全に牽引して広めた石鹸と言っても過言ではありません。

私が、現在使用中のジャムウ石鹸が、実はこの日本でデリケートゾーンを安全に洗う大切な理念のもとハンドメイドで製造され安心・安全な老舗メーカーです。

 

ジャムウ石鹸を使ってトラブルは無かった?!

実際に、使用を開始して、はじめに正しい使い方を知りました。私自身一番気になったのは、いくらデリケート専用の石鹸だからと言っても直接膣内まで泡を入れない事が大事という点です。

これは、どのメーカーにも言えることですが、使用方法として泡立てた泡をデリケートゾーンに乗せるイメージで3分パックするというのがジャムウ石鹸を使いデリケートゾーンを洗う正しい洗い方にいわれている方法です。

ですが、デリケートゾーン専用だからといっておくまでゴシゴシと洗うことは、粘膜のバリア環境を壊してしまうため、洗浄力の強い石鹸やボディーソープで洗うと、なんとなくしみる感じがしたとか、ヒリヒリした等という経験がある方もいるとかもしれませんが、私もボディソープ等でデリケートゾーンの奥まで洗った際に、しみる感覚を経験した事もあり、改めてデリケートゾーンはバリアで守られている弱酸性の環境を壊してしまうという危険を知ると、ゴシゴシ洗うのは危険だという事をジャムウ石鹸を通して知る事が出来たのです

 

ジャムウ石鹸を使って良かったことは何?

実は、年齢と共に臭いが気になりだした事
特に、夏場や汗をかいた時は、蒸れたり、汗のためか汗疹?が発生したりとデリケートゾーンに関するちょっとした悩みがあったんです。

 

それが、ジャムウ石鹸を使い始め、今現在で1年7か月過ぎまして(2018/7月より使い始めました。)

  • 臭いが薄れてきた!

VIO脱毛に通っている事もあり

  • デリケートゾーンの蒸れが軽減され、ジャムウ石鹸を使うことで清潔感が増した。

という点が、ジャムウ石鹸を使うことによって良かったと実感として得られた点です。

結論!!ジャムウ石鹸が危険というのは嘘。

間違った、使い方や特に敏感肌の方や刺激に弱い方が化学成分配合のジャムウ石鹸を安いからという理由だけで選ぶのは、結果として肌トラブルのもとになるとう事を改めて知る事が出来ました。

ですので、ジャムウ石鹸=危険という捉え方は、ジャムウ石鹸の使い方に問題があった事も理由として挙げられますが、ジャムウ石鹸=危険という言葉自体が独り歩きしてしまったことで更に拍車がかかってしまったという事もあるのですね。実際にジャムウ石鹸=危険でネットに情報が挙がっている事は、事実であるのでその言葉をここでは、きちんと解説し、正しい使い方と知識を知ることが一番大切でるという事になります。

まとめ

ジャムウ石鹸が危険という根拠は間違った情報や使い方また、化学成分も含まれる物を使用することで、お肌が弱い方がトラブルを受けたなどのクチコミによるものがこの様に危険といわれてしまう理由だとわかりました。

成分と言っても、一見どんな物か瞬時には把握しきれないものですが、デリケートゾーン専用の石鹸としてひとつ、ひとつ思いを込められて作られているジャムウ石鹸には、女性だからこそ大切にして使い続けて欲しいジャムウ石鹸の思いがあるのですね。

ジャムウ石鹸は沢山種類もあります。それぞれがジャムウ石鹸への思いが形になったものばかりです。ジャムウ石鹸は危険では無いどころか、デリケートゾーンの事を思った安心・安全な石鹸をこの機会にお試しして実感下さい!

\嘘じゃない!!ジャムウ石鹸を使う様になってから
デリケートゾーンに対する意識が変わった/

305万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープ


ジャムウ石鹸お試し研究所