【ジャムウ石鹸が危険な噂の真相は?!】正しい知識を知れば解決の理由がここにある!

ジャムウ石鹸って、そもそもデリケートゾーン専用の為の石鹸のはず!

私自身、ジャムウ石鹸を使う様になってから、ジャムウ石鹸が無いのはとても困る!

と思う様になったほどジャムウの良さを実感する女性の一人なのですが、とても残念な事に、なぜか【ジャムウ石鹸】と検索すると、「ジャムウ石鹸が危険だ!」とか、「ジャムウ石鹸は危ない!」といったキーワードがヒットします。

ジャムウ=危険と表示されると、だったらわざわざお金を出して危険なジャムウを購入することは無い!!って思いますよね。

私も、危険ならわざわざ買う事はしません!

本来なら、これでお話は終わるところですが、私は、ジャムウの良さはもちろんの事、きちんとした安全性を知っているだけじゃなく、プラスアルファでデリケートゾーンを清潔にする知識とジャムウ石鹸の成分を踏まえた選び方が大切だと分かったから、安心して使い続けているのです。
是非!皆さんもジャムウ石鹸危険という噂を払しょくし、正しいジャムウの知識と清潔なデリケートゾーンを目指し安心して使えるジャムウ石鹸ライフを手に入れてみませんか

\私もジャムウの事を正しく知ったからこそ無いと不安になるんです!!/
ワタシ臭ってる?そう感じたら、今すぐジャムウ!

ジャムウ石鹸危険の根拠とは

まずはじめに、ジャムウ石鹸が危険な根拠を調べてみました。

ネットで検索し目に着くのは、「ジャムウ石鹸が危険と聞いた」「ジャムウ石鹸が危険だから使わない方がいい」しかも、そのキーワードが某知恵袋にて紹介されております。

じゃぁ、なぜ危険なのかというところを検証してみると次の様な事が分かりました。

間違った情報や使い方、質の悪い商品を使って肌トラブルに合ってしまったという事。

このようなことから、ジャムウ石鹸=「ジャムウ石鹸が危険である」というクチコミが広まったという事も大きな要因のひとつです。

あっ!結局「危険」なんだよね!って思われますか??

ちょっと、待って下さい!

先程、ジャムウが全て危ないと捉われてしまったならそれは間違いです。だって、私はジャムウの安全性や良さ、そしてきちんとしたジャムウを選んで使っているから、安全に使っていると自信を持って言えるからです。

ジャムウは、どれが危険でどれが危険じゃないの?

  • 質の悪いジャムウ石鹸はおすすめしない
  • 原材料を気にせずに使用する。例えば香料や化学成分等が配合されている(商品によって合う人・合わない人がいる)
  • 膣周りをゴシゴシ洗う等
  • スティック状(棒状)のジャムウ石鹸を膣に直接挿入してしまった。

というような事が挙げられることが分かりました。

 


実は、私自身の経験談(10年程前です。)もあるのですが、まだまだジャムウ石鹸について詳しく知らなかった時に、安易に質の悪いジャムウ石鹸を使ったことがありました。使った時に、デリケートゾーンが、ヒリヒリした事があって一概にジャムウ石鹸だから大丈夫という事では無いという事を知りました。

 

 

私も、そんな経験もあって、ジャムウ石鹸ってヤバイんじゃないか!って思った時期もありましたが、余りにも、ジャムウ石鹸について知識を知らずに、悪質なジャムウを選んでしまったり、間違った使い方をしてしまってはせっかく、デリケートゾーンを清潔に正しいケアをしたいと出会えた石鹸が、危険な概念になってはもったいないって事なんんです。

ジャムウ石鹸は、正しい使い方と成分を知る事で、安全なジャムウ石鹸という事に繋がるんですよ。

ジャムウ石鹸の良さを知って欲しい

ジャムウ石鹸はデリケートゾーンの臭いの改善や黒ずみ予防といったちょっと恥ずかしいけれど、女性としての身だしなみとして、大切なケアであり、この様な臭いや黒ずみといったお悩みを解消してくれる石鹸なんですね。

デリケートゾーンのケアって日本人女性の知識って諸外国から見ると、まだまだ先進国とは言えないのもご存知ですか?

そもそも、私自身もそうでしたが、子供の頃にデリケートゾーンを清潔にする方法やレクチャーをご家庭で習った方は、どのくらいいるでしょうか??

デリケートゾーンのケアは女性の身だしなみ

日本人女性のデリケートゾーンケアって子供のころから、習ったり教わった事がある方はまだまだ少ない。だから、デリケートゾーンのケアってどうすればいいの?ってきちんと説明出来る女性も少ないのが当たり前。

それが、近頃では美意識、特にデリケートゾーンについて恥ずかしがらずにもっと女性の身だしなみとしてオープンにケアを語ろうという風潮にもなって来ていて、デリケートゾーンに関する雑誌特集はじめケア本等も出てきていていい風潮だなと感じています。

潤うからだ (美人開花シリーズ) [ 森田敦子 ]

価格:1,320円
(2020/3/3 14:07時点)
感想(7件)

こちらの本を実際に読んでみました!レビュー書いてます。
デリケートゾーンのケア【潤うからだ】を読んでレビュー!!専用石鹸とお手入れが大切なワケ。』
\なぜデリケートゾーンを専用石鹸で洗う理由と更に実感した大切な事などまとめています/

【おすすめ!】安全なジャムウ石鹸選び方

ジャムウ石鹸を選ぶこと=【ジャムウ石鹸はデリケートゾーンのためにつかう三カ条】

  1. デリケートゾーンの扱い方を正しく学ぶこと
  2. デリケートゾーンは、細菌や雑菌から守るために保護された環境であることを知る
  3. デリケートゾーンの皮膚の薄さは実は、まぶたより薄いのはご存知ですか?それだけデリケートだということ
ジャムウ石鹸を正しく選ぶ大切さに繋がるという事ですね!

 

 

ジャムウ石鹸が危険?と思われる要因として以下の事も注意点

妊娠中の方や授乳中の方
ジャムウ石鹸には沢山の種類がある為、メーカーによっては、ジャムウの配合で妊婦さんには不向きの物がある事からご利用を控えたほうがベストでしたり、また授乳中の方の場合は、乳頭の黒ずみを気にして、ジャムウで洗うと、赤ちゃんが直接、授乳するので洗い流しているとはいえ、こちらも卒乳後に利用するのがベストという事が理由です。
ジャムウ石鹸の成分に刺激が強い成分が含まれている
お肌がデリケートな方には特に、海外のジャムウ石鹸や、化学成分が含まれるジャムウ製品は、トラブルがおきやすいので、デリケートゾーンを洗うという事で商品選びには、気をつける事が大切です。
スティック状のジャムウ石鹸の間違った使用方法
間違えた使い方として、スティック状のジャムウ石鹸を直接膣内に入れて洗ってしまったという事です。そもそもデリケートゾーンは粘膜が弱酸性で保たれており、それが外部からの細菌や雑菌から保護しバリアの役割を担っているのです。間違った使用方法で、そのバリアの保護機能を壊してしまうのは、あとあと細菌が感染したり何かしらのトラブルを起こしてしまう原因になるのでご使用方法は十分に気をつけなければなりません。

 

私が使う安心して使えるジャムウ石鹸

\私が安心して使えるジャムウ石鹸!!はコレ/
305万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ石鹸は、デリケートゾーン専用としてわざわざ商品化されたものですが、ジャムウ石鹸の由来は、インドネシアで古来から伝わる民間伝承薬でハーブを原料とた天然材料を調合した母から娘へと代々受け継がれて来た伝統的な知恵の結晶が起源とされ、そのジャムウの理念を安全に日本人女性の為に考案されたレシピをもとに安全に商品化された老舗ジャムウ石鹸の代表格が、【LCジャムウ・ハーバルソープ】で、日本のデリケートゾーン専用石鹸を安全に牽引して広めた石鹸と言っても過言ではありません。

私が、現在使用中のジャムウ石鹸は、日本でデリケートゾーンを安全に洗う大切な理念のもとひとつひとつハンドメイドで製造されている安心・安全を掲げている老舗メーカーの石鹸です。

このジャムウ石鹸を使ってトラブルは無かった?!

実際に、使用を開始しはじめた際に、正しい使い方を知りました。
そこで、ポイントとしては、石鹸本体はもちろんのこと、直接膣内まで泡を入れない事が大事という点です。

膣は粘膜のバリアで保護されている:実は、膣の環境は、バリアで守られているんです。だからデリケートゾーン専用じゃない石鹸で洗ったり、直接膣内にジャムウを入れてしまうとバリア環境を壊してしまうのです。

だから、洗浄力の強い石鹸やボディーソープで洗ったり、質の悪いジャムウや間違えた使用方法ではとても危険という事になります。

正しい洗い方を知ろう:使用方法として泡立てた泡をデリケートゾーンに乗せるイメージです。
ちなみに、ジャムウハーバルソープは、泡をデリケートゾーンに乗せて3分パックすることで臭い予防や黒ずみの軽減に繋がります。

洗い方は優しく:デリケートゾーン専用だからといってゴシゴシと洗う事もNGです。デリケートゾーンの皮膚って実は、瞼(まぶた)より更に薄いのだそう・・・だから、黒ずみの原因になりやすいのは、皮膚が弱いため、保護しようとしてメラニンが活発になり、保護→黒くなるという様な保護現象でもあるんです。

ジャムウ石鹸を使って良かったことは何?

実は、年齢と共に臭いが気になりだした事
特に、夏場や汗をかいた時は、蒸れたり、汗のためか汗疹?が発生したりとデリケートゾーンに関するちょっとした悩みがあったんです。

 

それが、ジャムウ石鹸を使い始め、今現在で丸2年が経過(2018/7月より使い始めました。)正直、ジャムウハーバルソープが無いなんてもう、ありえなくなりました!
正真正銘のリピーターになっております。

その根拠に

  • 臭いが薄れてきた!

VIO脱毛に通っている事もあり

  • デリケートゾーンの蒸れが軽減され、ジャムウ石鹸を使うことで清潔感が増した。

という点が、ジャムウ石鹸を使うことによって良かったと実感として得られた点です。

【結論!!】ジャムウ石鹸は正しい知識と使い方で安全な石鹸

ジャムウ石鹸危険について、間違った知識や使い方、そして口コミが広がり、危険というキーワードが一人歩きしてしまった様に感じています。

私自身も10年以上前に安易に購入したジャムウ石鹸はヒリヒリしたのも事実です。

それでも、正しい知識や使い方、そして大切な事だから成分やジャムウの理念までにも深く読み調べ今は、自信を持って安心してジャムウ石鹸を使う事が出来ています。

デリケートゾーンを清潔にする事は、女性としてのたしなみでもある他、やはり直接的に臭いや蒸れるなどといった特有の悩みもあって当然だと感じております。

その上で、間違った使い方や特に敏感肌の方や刺激に弱い方が化学成分配合のジャムウ石鹸を安いからという理由だけで選ぶのは、結果肌トラブルのもとになるとう事を改めて知る事も出来ました。

ジャムウ石鹸=危険という捉え方は、ジャムウ石鹸の使い方に問題があった事も理由として挙げられますが、ジャムウ石鹸=危険という言葉自体が独り歩きしてしまったことで更に拍車がかかってしまったという事もあるのですね。実際にジャムウ石鹸=危険でネットに情報が挙がっている事は、事実であるのでその言葉をここでは、きちんと解説し、正しい使い方と知識を知ることが一番大切でるという事になります。

まとめ

ジャムウ石鹸が危険という根拠は間違った情報や使い方また、化学成分も含まれる物を使用することで、お肌が弱い方がトラブルを受けたなどのクチコミによるものがこの様に危険といわれてしまう理由だとわかりました。

成分と言っても、一見どんな物か瞬時には把握しきれないものですが、デリケートゾーン専用の石鹸としてひとつ、ひとつ思いを込められて作られているジャムウ石鹸には、女性だからこそ大切にして使い続けて欲しいジャムウ石鹸の思いがあるのですね。

ジャムウ石鹸は沢山種類もあります。それぞれがジャムウ石鹸への思いが形になったものばかりです。ジャムウ石鹸は危険では無いどころか、デリケートゾーンの事を思った安心・安全な石鹸をこの機会にお試しして実感下さい!

\嘘じゃない!!ジャムウ石鹸を使う様になってから
デリケートゾーンに対する意識が変わった/

305万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープ


ジャムウ石鹸お試し研究所